ローズヒップブレンド(ハーブの)は好きではじめたのではない。

ハーブが好きだったわけでもない。

ハーブがわかっていたわけでもない。

なぜブレンドができるのかもわからない。

できたブレンドが何をするかもわからない。

一回一回のブレンドは、まるで新しい冒険のようでもある。

どこにいくのか、何ができるのか、ぜんぜんわからない。

あまたの想像は、ブレンドに向かうとき、

何の役にも立たない。

やってみないとわからない。

向き合ってみないとわからない。

ご依頼してくださる方が扉を開く。

扉が開かれるとどこかに導かれる。

導かれるままに乗っているのは

すごく幸せな時間だ。